ようこそ

TreeFrog Framework は、C++によるフルスタックの高速Webアプリケーションフレームワークです。

C++/Qt で作られたサーバサイドのフレームワークであるので、スクリプト言語のものより高速に動作することが可能です。アプリケーション開発では、MVC アーキテクチャのもと O/R マッパーやテンプレートの仕組みを提供し、「設定より規約」のポリシーでプログラミング言語 C++ でも高い生産性の実現を目指しています。

お知らせ

2013/12/21  TreeFrog Framework バージョン1.7.5 (安定版)リリース    New!
  変更履歴:
 アプリケーションサーバプロセスを複数起動可能にする修正
 ・ 非同期I/OのAPIでログ書き込みするよう修正
 ・ 'restart'オプション指定時の不具合修正
 ・ パフォーマンス向上のための修正
 ・ その他バグフィックス

ダウンロードはこちらから >>

   
2013/11/26  TreeFrog Framework バージョン1.7.4 (安定版)リリース
  変更履歴:
 高負荷時にデータベース接続エラーになる不具合の修正

     
2013/11/25  TreeFrog Framework バージョン1.7.3 (安定版)リリース
  変更履歴:
 HTTPパイプラインの対応
 ・ 非同期IOのログ出力を実装(Linux)

 ・ HMAC SHA256, HMAC SHA512 の実装
 ・ その他バグフィックスとパフォーマンス改善

   
     
協力者を募集しています!    MLか、直接かメールください。 バグ報告歓迎です!
 ・ 本サイトを英訳してくれる方、どなたかお願いします m(_ _)m
 ・ 開発者、テスター、ドキュメント作成
 
企業向け有償サポートはイディ株式会社にお問い合わせください。
 

TreeFrog Framework という選択

Webアプリの開発において、開発効率と動作速度はトレードオフの関係があると言われますが、本当にそうなのでしょうか?

そんなことはありません。
フレームワークが便利な開発ツールと優れたライブラリを提供し、設定ファイルを極力減らす仕様とすることで、C++でも効率よく開発することが可能になっています。

近年、クラウドコンピューティングが台頭し、Web アプリの重要性は増しています。 スクリプト言語はコード量が増えれば増えるほど実行速度が落ちることは知られていますが、C++ はコード量が増えても実行速度は落ちません。C++ はメモリフットプリントが小さい上に最速で動作する言語であり、大規模な開発にも適する言語と言われます。これは TreeFrog Framework を選択する重要なポイントになるでしょう。

スクリプト言語で稼働している複数のアプリケーションサーバを、パフォーマンスを低下させることなく1台に集約できます。
高い生産性と高速動作を両立した TreeFrog Framework をぜひお試し下さい。

特徴

 

TreeFrog Framework は次のような特徴を兼ね備えています。

・ 高いパフォーマンス : ユーザにとってWebアプリケーションは早いほうがいい!ここにテスト結果
・ C++ のフレームワーク : C++ で Web アプリケーションの開発ができる
・ テンプレートシステム : テンプレートとプレゼンテーションロジックを完全に分離
・ フルスタック : フレームワークとしてひととおりのモジュールはそろってます
・ クロスプラットフォーム : Windows, Mac OS X, Linux など。同じコードが他のプラットフォームでも動作。
・ MVC アーキテクチャ
・ O/R マッピング : 複雑で面倒なデータベースアクセスを隠蔽
・ URLルーティング : URL とアクションの関連をいちいち設定ファイルに書く必要はなし
・ バリデーション
・ ジェネレータ : 「足場」となるソースコードや Makefile を自動で生成
・ Ajax サポート
・ NoSQL対応 : MongoDB に対応。O/Dマッパーを新搭載!
・ オープンソースソフトウェア : New BSD License

Comments are closed.