インストール

あらかじめ Qt ライブラリをインストールしておいてください。

Windows や macOS の場合は、 Qt のサイトからダウンロードしてインストールしてください。 Linux の場合は、ディストリビューションで用意されているパッケージを使用することができます。

Ubuntu の例:

 $ sudo apt-get install -y qt5-default qt5-qmake libqt5sql5-mysql libqt5sql5-psql
 libqt5sql5-odbc libqt5sql5-sqlite libqt5core5a libqt5qml5 libqt5xml5 qtbase5-dev
 qtdeclarative5-dev qtbase5-dev-tools gcc g++ make

DBクライアントライブラリもインストールします。

 $ sudo apt-get install -y libmysqlclient-dev libpq5 libodbc1 libmongoc-dev libbson-dev

インストール手順

  1. ダウンロードしたファイルを解凍します。下記の x.x.x にはバージョンが入りますので、適宜読み替えてください。

    $ tar xvfz treefrog-x.x.x.tar.gz
    
  2. 解凍したディレクトリでビルドします。

    Windows の場合: リリース版とデバッグ版の2つのタイプのバイナリを作成してください。 Qt Command Prompt を起動し、次のコマンドでビルドします。configureバッチを2度実行します。

      > cd treefrog-x.x.x
      > configure --enable-debug
      > cd src
      > mingw32-make install
      > cd ..\tools
      > mingw32-make install
      > cd ..
      > configure
      > cd src
      > mingw32-make install
      > cd ..\tools
      > mingw32-make install
    

    Linux, macOS など UNIX 系 OS の場合: コマンドラインから次を入力します。

      $ cd treefrog-x.x.x
      $ ./configure
      $ cd src
      $ make
      $ sudo make install
      $ cd ../tools
      $ make
      $ sudo make install
    

    ※ もしTreeFrog Framework 自体をデバッグするには、configureスクリプトにオプションをつけてください。 ‘./configure –enable-debug’ を実行し、あと同様のコマンドを実行します。

    Linux の場合には共有ライブラリの依存関係情報を更新する

      $ sudo ldconfig
    
  3. TreeFrog Command Prompt のショートカットを作成 する(Window のみ)。

    ショートカットを作成するフォルダで右クリックし、「新規作成」-「ショートカット」をクリックします。 リンク先は次を設定します。

    C:\Windows\System32\cmd.exe /K  C:\TreeFrog\x.x.x\bin\tfenv.bat
    

(x.x.x はバージョン)

ショートカット

名前は ‘TreeFrog Command Prompt’とします。

ショートカットの名前

Windowsでは、あらかじめ環境変数が設定された TreeFrog Command Prompt を使って TreeFrog のアプリケーションを開発していきます。

Configure option

オプションを指定することで、お使いの環境に合わせてカスタマイズすることができます。

Windows で指定可能なオプション:

 > configure --help
 Usage: configure [OPTION]... [VAR=VALUE]...
 Configuration:
   -h, --help          display this help and exit
   --enable-debug      compile with debugging information
   --enable-gui-mod    compile and link with QtGui module
   --enable-mongo      compile with MongoDB driver library

 Installation directories:
   --prefix=PREFIX     install files in PREFIX [C:\TreeFrog\x.x.x]

Linux, UNIX系OSで指定可能なオプション:

 $ ./configure --help
 Usage: ./configure [OPTION]... [VAR=VALUE]...
 Configuration:
   -h, --help          display this help and exit
   --enable-debug      compile with debugging information
   --enable-gui-mod    compile and link with QtGui module
   --enable-mongo      compile with MongoDB driver library
   --spec=SPEC         use SPEC as QMAKESPEC

 Installation directories:
   --prefix=PREFIX     install files in PREFIX [/usr]

 Fine tuning of the installation directories:
   --bindir=DIR        user executables [/usr/bin]
   --libdir=DIR        object code libraries [/usr/lib]
   --includedir=DIR    C header files [/usr/include/treefrog]
   --datadir=DIR       read-only architecture-independent data [/usr/share/treefrog]

macOS で指定できるオプション:

 $ ./configure --help
 Usage: ./configure [OPTION]... [VAR=VALUE]...
 Configuration:
   -h, --help          display this help and exit
   --enable-debug      compile with debugging information
   --enable-gui-mod    compile and link with QtGui module
   --enable-mongo      compile with MongoDB driver library

 Fine tuning of the installation directories:
   --framework=PREFIX  install framework files in PREFIX [/Library/Frameworks]
   --bindir=DIR        user executables [/usr/bin]
   --datadir=DIR       read-only architecture-independent data [/usr/share/treefrog]